MENU

妊活の味方!モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)は天然葉酸とどう違う?

天然葉酸はポリグルタミン酸型で、体内で吸収されるときは分解されてモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)となります。妊活に必要な葉酸は体内で吸収されやすいモノグルタミン酸型です。

 

成人男女並びに妊娠期に必要な葉酸の量

 

成人男女に1日に必要な葉酸の量は、200?で、推奨量が240μg、そして上限が1000μgと言われています。体内で葉酸は、アミノ酸や核酸を合成する時に使われる酵素を助ける酵素(補酵素)として使われるために、細胞分裂が盛んなところでは、葉酸が不足しがちです。

 

特に、妊娠期に葉酸が不足すると、赤ちゃんに神経管閉鎖障害が起きる可能性があるので、妊娠時には平均量370μg、推奨量400μg必要ですし、授乳時には平均量280μg、推奨量300μg必要です。また、妊活中には厚生労働省は1日400μgの葉酸を摂取するように推奨しています。

 

天然葉酸の吸収率はモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)の50%

 

葉酸を多く含む食品は、レバー、緑黄色野菜、果物です。

 

このとき大切な事は、食品に含まれる葉酸は、天然葉酸で、ポリグルタミン酸型と言われています。この葉酸は、体内で吸収される時にモノグルタミン酸型葉酸に分解されてから吸収されますので、食事として摂取したこの葉酸は、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)に分解されるとき50%しか残りませんので、天然葉酸を400μg摂取しても1日の必要量には不足するのです。

 

厚生労働省は、妊活の時に必要な葉酸400μgをモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)をサプリメントとして摂取する事を推奨しています。