MENU

モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)って何?葉酸はサプリメントから摂取すべき?

葉酸をサプリメントから摂取した方が良いと言われている理由は、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)が使用されているからです。いったいどのような効果があるのでしょうか。

 

合成葉酸と天然葉酸の違いとは

 

葉酸にはモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)とポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)の2種類があります。サプリメントとして利用されているのはモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)で、効率のいい葉酸の摂取が期待できます。

 

これはポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)が酵素やたんぱく質などと結合しているため、体内への吸収率が低いことが理由です。ポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)の体内での吸収率は約50%だと言われています。それに対してポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)の体内での吸収率は約90%だと言われています。

 

サプリメントを選ぶポイントとは

 

体内への吸収率を考えると、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)を効率よく摂取するにはサプリメントの利用が適していると言えます。厚生労働省も体内での吸収率の高さから、モノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)の摂取を推奨しています。

 

選び方のポイントとしては、原材料です。特にアレルギー体質の人はポリグルタミン酸型葉酸(天然葉酸)の原材料などに大豆や小麦、乳製品が使用されている場合があります。アレルギー症状が発症してしまう可能性もゼロではないので、どんなものが使われているのかをしっかりと確認しておく必要があります。